目がすっきりする【ブルベリーで目がベリーグッとな効果】

年齢は関係ない

ヘルニア治療の今後。

椎間板ヘルニアには、体質や腰椎の形状、姿勢、運動不足、肥満などの方はかかりやすいとされています。基本的な治療法としては、保存療法があります。保存療法とは、薬物療法でクスリを飲む事やシップを貼るなど、または温熱療法やマッサージ、腰椎の体操などがあります。 保存療法でもヘルニアの症状が改善されない方の今後の治療方法としては、手術療法になります。手術には経皮的髄核摘出手術があります。これは神経根を損傷しないように、背中側のななめ外側から皮膚を通して器具を隋核に入れて、その中をかんしやシェーバーを入れて髄核を摘出する手術になります。取り除くのに1箇所であれば手術の時間は30分程度で終わります。入院は1週間ほどになります。今後はこのような治療法がヘルニアに対しては行われる事になります。

体を支える重要な腰

人間の背骨は、頸椎や胸の胸椎、腰椎など24個が重なってS字状のカーブを描いた形になっています。腰痛の原因となる腰の部分は腰椎といいまして、5個の椎骨からなっています。腰痛をもたらす疾患の多くは椎骨を連携する椎間板や椎間関節の変性、椎骨の変形あるいは周辺の筋肉が傷つく事によって起こるものです。 最も多い原因が、腰椎の一部である椎間板や椎間関節と呼ばれる部位の老化現象によって起こるもので、ヘルニアがあります。注意しなければならないのが、これに更に悪い姿勢が重なるとヘルニアが更に起こりやすくなるという事です。椎間板のクッション機能が低下したところへ、急性や慢性の負担が腰にかかる事で繊維部に亀裂が入り、内部の髄かくが裂けながら飛び出したものが神経などを圧迫するため、急激な腰の痛みや、片方の足にしびれや痛みを伴ないますので、腰に負担をかける事は要注意です。