目がすっきりする【ブルベリーで目がベリーグッとな効果】

改善出来る

食事療法に気を付ける

腎臓病は、血尿やむくみなどを引き起こす病気です。腎臓に負担がかかることで、上手く機能できなくなりこのような症状が出てしまいます。そのため、腎臓に余計な負担を減らさなくてはいけません。腎臓は摂取した食事の成分を燃焼させる働きを持つので、食事内容に気を付けなくてはいけないのです。 腎臓病にかかるとまず治療として取り組むことが、食事療法です。腎臓病は、主にたんぱく質と塩分の燃焼に負担を強いられます。つまり、たんぱく質と塩分の摂取を控えることがポイントです。 たんぱく質は、肉類や魚に大豆類などがあります。これらを減らして料理をすれば良いのですが、ボリュームアップのために野菜を多めに使っていけばちょうど良い量になります。また、市販の加工食品や甘いお菓子などはたんぱく質が多く使われているので注意が必要です。そして、塩分は調味料に多く含まれているのでこれらを控えた食事療法を行っていきましょう。

改善に取り組む

腎臓は、摂取した栄養を体内で燃焼させて尿へと排出させる役割がありますが、これはたんぱく質や塩分に限ったことです。炭水化物や脂肪などは、体内で燃焼すると汗や二酸化炭素として外に排出されます。しかし、たんぱく質や塩分は体内にたまっていくので体に害となります。そのような老廃物を上手く排出してくれるのが腎臓であり、この機能で体が正常に保たれているのです。 しかし、過剰に摂取されたたんぱく質や塩分への処理は、腎臓に大きな負担となり機能が弱くなる原因となってしまいます。そのため、これらを抑えた食事療法で腎臓に負担を掛けないようにしていく治療が行われています。腎臓病は、高血圧や糖尿病から併発することも多い病気で、生活習慣病にも当てはまります。食事療法で健康的な生活を送っていくことが、1つの改善方法となっています。